Tag Archives: 腸


赤ちゃんが便秘になるメカニズムと腸の関係性

一言で表すと、赤ちゃんが便秘になるのは体質や食事バランスの乱れが原因です。
その中でも様々なケースがあります。

食事の量が毎回バラバラだったり少なすぎたり、ミルクや水分が少ない場合はうまく便を排出できなくなってしまう場合があります。おなかの中でモノを運動がうまく機能せず、便を運ぶことができないので肛門から排出できなくなってしまうのです。症状がではじめると水分が届きにくくなってしまい、さらに便が出にくくなってしまいます。これが主な便秘の原因です。

精神的負荷によるストレスが原因で腸の働きが阻害されてしまっていることも考えられます。便を排出しようとする腸の運動が妨げられてしまうのです。赤ちゃんの意思がうまく周りの大人に伝わってない時などにこのような症状が起きやすいです。

生まれつきの腸の長さも便秘の原因となっている可能性があります。長すぎると便が肛門にたどり着くまでに水分が失われてしまい排出されにくいのです。厳密には体格や性格なども影響してきます。
赤ちゃんの体はデリケートです。体つきもまだしっかりしておらず筋肉量も少ないため体内をコントロールする力も未熟です。便秘のメカニズムなど参考にして早く原因に気付いてあげることが重要です。

赤ちゃんの便秘の原因の一つ腸の病気

赤ちゃんの便秘には生活習慣によるものと、先天性の病気の二種類があります。

多くは水分不足や運動不足などの生活習慣から引きおこるもので、一時的なものであれば飲む母乳や水分量を増やしたり、100%果汁を飲ませる他浣腸の使用、お腹マッサージなどの方法で改善することが出来ます。
それとは別に生後間もなくから長く便秘が続くものには先天せいの病気が疑われます。

代表的なものではヒルシュスプルング病が挙げられます。
これは先天性巨大結腸症とも呼ばれる腸の病気で直腸に通常存在する蠕動運動に必要な神経節細胞が存在しておらず、便は縮小されず細長い状態になり直腸を詰まらせます。
この状態が続くことにより直腸が肥大し排便が困難になります。
症状として見られるのは生後から約一週間排便がない、お腹が前に張り出す、嘔吐などがあります。

この病気の場合は神経節細胞の欠如している腸管を切り取り端をつなぎ合わせる手術治療が必要です。
生後間もなくの赤ちゃんは排泄物や身体のようすが安定していなく異常を見分けるのが困難でもあります。
しかしこのような腸の病気は栄養摂取や成長に大きく影響し、悪化すると栄養障害、体重増加不良などにつながります。そのため観察を怠らず早期発見することが重要です。