Tag Archives: 腸重積


赤ちゃんの便秘の原因が腸重積である時

赤ちゃんの便秘の原因の一つに腸重積があります。
これは腸の一部が重なってしまう病気で、腸の中に腸が嵌り、食べ物が留まって便秘を起こします。重なった腸は放置しておくと締め付けられて出血します。締め付け時間が長くなると、血行障害により腸は壊死状態に陥るので、出来るだけ早く重なった腸を元通りにする必要があります。腸重積は2歳以下の赤ちゃんによく起こります。
原因は腸の中のリンパ節が腫れて腸に嵌り込むと言う説や、腸自体の痙攣が原因と言う説など様々ありますが、はっきりわかっていません。

症状は腹痛、血便、腹部のしこりです。嵌まり込んだ腸が締め付けられるため、激しい腹痛が起きます。口のきけない赤ちゃんは5~15分おきに激しく泣きます。食べ物が腸を通らなくなり、嘔吐する事もあります。浣腸をすると腸からの出血でトマトを潰した様な便が出る事があります。お腹を触ってしこりがあったら、腸重積を疑ってすぐに医師の診察を受けます。

泣く、ぐったりする、泣くを繰り返す時、抱いて病院へ走る途中の振動で腸の重なりがほどける場合もあります。発症して24時間以内なら、高圧浣腸を行います。1m位の高い位置に設置した造影剤を、肛門に入れたチューブを通じて腸に入れます。直腸よりも奥の腸内まで造影剤が入り、造影剤の力で嵌まり込んでいた腸が押し出され、元に戻ります。高圧浣腸で戻らない場合は、開腹手術をします。嵌った腸を外から押し出す形で戻します。腸が傷むまで症状が進んでいる時は、その部分を切除し、正常な腸を接合します。