Tag Archives: 暴れる


赤ちゃんの便秘症状で暴れる場合の対処方法

生後1歳未満の赤ちゃんは、栄養を補う手段や環境が人生の中でもめまぐるしく変化しています。生まれてから生後5カ月頃までは100パーセント授乳から補いますし、離乳食が開始されると食事と授乳の両方になったりしていきます。この様に授乳量や食事接種量、食材の変化が便にも大きく関係していきます。

授乳の種類は母乳・粉ミルクの2種類あります。粉ミルクの場合、赤ちゃんの消化にかかる負担を考え1日に飲ます量と回数が定められている他、授乳間は最低2時間あける様に記載されています。そして便においても母乳より硬めになってしまう場合がありますので、便秘がちになったしまう場合には白湯などの水分も同時に接種されると良いでしょう。

便秘が続いてお腹が張ってしまっていたり、排便の際痛がって暴れるなどする場合には対処が必要となる事もあります。
大人でも便秘が続いてしまうと肛門が痛くなったり、切れたりしてしまいます。便秘が4日以上続いてしまう場合は、自宅で麺棒浣腸を試されると良いでしょう。麺棒の先をベビーオイルやオリーブオイルなどで潤し、赤ちゃんの肛門に1cmほど挿入して時計周りに優しく回して刺激します。反応が早いと溜まったウンチがすぐに出る子もいますので、オムツを敷いてやられる事をおすすめします。
月齢にもよりますが、みかんが食べられる様になっていればみかん汁をスプーンで飲ませてあげるのも効果があります。
それでも上手く排便が出来ないようであれば、かかりつけの小児科で相談されてみてはいかがでしょうか。必要であればお薬の処方もありますので安心です。