Tag Archives: りんご


果汁で手軽に赤ちゃんの便秘対策

赤ちゃんが便秘になった場合、もし離乳食が始まっているなら果汁を飲ませるのが一番手軽な対策法です。
その中でも最も効果のあるものは、みかんやオレンジなどの柑橘系のものです。
柑橘系に含まれている果糖は、他の果実の果糖よりも便を軟らかくする効果が大きいからです。
しかし柑橘系に限らず、果汁に含まれる糖には腸内の善玉菌を活性化させる働きがあります。
そのため、柑橘系がなくとも他のもので代用しても問題はありません。

また食物繊維を含む果実も便秘には効果的です。
水溶性の食物繊維は実をそのまま食べずとも、果汁として摂取してもその効果が失われることはありません。
食物繊維を多く含む果実としては、柿、プルーン、キウイフルーツ、桃などがあります。

また果汁には浸透圧が高いという特徴があります。
浸透圧が高い物を口にすると、他の食物よりも早く胃から出て、腸管の通過時間を早めます。
そして腸管に入ると腸壁にある水分を腸管の中へひっぱってくるという働きをします。
この水分の移動が刺激となり、腸は動きが活発化します。
結果、排便を促してくれるようになります。

ただし摂取しすぎると逆に下痢を起こしてしまう場合もあります。
離乳食を始めたばかりの赤ちゃんの場合なら、白湯で2~3倍に薄めたものを、1日1回30mlまでを守って与えましょう。

赤ちゃんの便秘対策にすりおろしりんご

離乳食が始まる頃の赤ちゃんは、まだ自分で便を出す力がありません。
通常は生理作用でウンチが出ますが、便秘になるととたんに便が出なくなってしまうのはこのためです。
便が出なくなる時期というのがあり、母乳だけから粉ミルクを併用する生後3ヶ月が弁が出にくく、便秘になってしまいがちです。

離乳食が始まる前なので、マッサージをしたり、お尻の穴の周りにオリーブオイルを塗って便通を良くするマッサージをすることで便秘対策を講じる必要があります。
それでもウンチが出ない場合には、病院へ行って浣腸をしてもらうとようやく改善します。

離乳食が始まると、更に様々な対策を講じて便通を良くすることができるので、その方法を紹介します。
離乳食が始まると、大人が便秘を解消するのと同じように、赤ちゃんも食物繊維を多く含む食べ物がお通じの改善に効果があります。
りんごは離乳食の定番ですが、果汁だけでも果糖と食物繊維の相乗効果で便通を良くする効果があります。
食物繊維の豊富な食べ物は、腸のぜん動運動を良くする効果があるので、ウンチが出にく時には離乳食に取り入れてみてください。

離乳食を食べる頃になるとハイハイをしたり、タッチをしたりできるので、運動をすることによって改善可能です。