Tag Archives: おなら


赤ちゃんの便秘は腸内のおならも関係しています

赤ちゃんにも便秘があることをご存知でしょうか。
まだ離乳食を始めていない時期から、順調に便が出てこないことはよくあることです。
赤ちゃんの便は通常は、成人の便と比べてやわらかいことが多いです。
新生児の便はほぼ水様便で、徐々に水分量が減っていきます。便秘になると、水分量はますます減ってしまい、肛門付近で固くなった便が蓋をして、邪魔になってしまっていることもあります。

通常、二日に一度は便が出なければなりません。
赤ちゃんにはまだ腹筋が付いていないので、自分で気張って出す、という事がなかなか難しいのです。なかなか出てこない場合は、綿棒を使って、浣腸した刺激で出してあげなければなりません。

便秘になると、おならも溜まりがちになります。
お腹を少しだけ圧迫してみて、少し硬いところや手ごたえから、便やガスが溜まっているのが確認できると思います。
あまりにお腹が張ってくると、不快感からきげんの悪くなる赤ちゃんもいます。
ぐずっていて、何をしても機嫌が直らない場合は便秘を疑ってみてもよいでしょう。
浣腸だけでなく、お腹のマッサージも有効です。おへその周りを、手のひらを使ってゆっくりと時計回りにマッサージしてあげます。

便秘時の赤ちゃんはおならが臭い

便秘が続いている赤ちゃんのおならは、大人顔負けの臭いがする場合があります。
母乳やミルクしか飲んでいないのに、どうしてあんなに臭いがするのか不思議ですよね。

生まれたばかりの頃の赤ちゃんは、腸の中に善玉菌が沢山いるので、腸内環境が整っていておならをしても全然臭いがしません。
それが便秘によって腸内環境が乱れ、悪玉菌が増殖するとおならの臭いが気になりだします。
それは、お腹に溜まったウンチから発生する腐敗ガスのせいです。

ガスが溜まると、お腹が張って苦しくなり、赤ちゃんの機嫌も悪くなるので要注意です。
そんなときは、便秘を解消する為に、お母さんが優しくケアをしてあげましょう。

対策として簡単なのは、砂糖を白湯に混ぜてあげた物や、果物の汁を飲ませてあげることです。
砂糖は特に、お腹の善玉菌を増やしてくれる「オリゴ糖」が含まれているてんさい糖がオススメです。
果物の場合は、食物繊維が豊富なみかんやりんごの汁がいいでしょう。

なるべく母乳やミルクの妨げにならない時間帯を狙って赤ちゃんに与えてあげましょう。
また、おへその周りを優しく「の」の文字を書くようにマッサージしてあげるのも、腸に刺激を与えるので、効果的です。

便秘が気になる場合は、以上のケアをしてあげましょう。