Category Archives: 赤ちゃんの成長度と便秘


6ヶ月の赤ちゃんの便秘症状と対策

6ヶ月の赤ちゃんは離乳食も2回になりますから、水分不足がすすみ便秘になることが多くなります。

うさぎのような固いコロコロしたうんちがでたり、うんちでおしりが切れてしまうという症状に悩まされることもあります。
このような症状がでたら、赤ちゃんの便秘対策を始めましょう。

赤ちゃんの便秘を解消するには、みかんやオレンジなどの柑橘系の果汁を飲ませるのが効果的です。
果糖には、うんちを柔らかくしてくれる働きがあります。
浸透圧の働きにより、腸管内で腸の壁から水分っ張りこむことでうんちを柔らかくし、排便しやすい固さにしてくれます。

赤ちゃんに果汁を与える場合は、そのまま与えるのではなく白湯で薄めてからあげるようにしましょう。
1日1回を30mlを目安にあげると良いでしょう。
みかんは赤ちゃんの好きな味で喜んで飲んでくれますが、決して与え過ぎないようにしましょう。与え過ぎると、うんちが柔らかくなりすぎて下痢になってしまうことがありますから、くれぐれも注意をしてください。

また、みかんなどの果汁では効果のない子も中にはいます。そんな時は優しくお腹をマッサージしてあげたり、手足を持って運動させてあげると腸を刺激しうんちが出やすくなります。

5ヶ月の赤ちゃんに便秘の症状がある場合

赤ちゃんの便通は、毎日なくても、機嫌よく過ごせているなら心配ありません。
5ヶ月くらいの赤ちゃんに便秘の症状が見られる場合、離乳食が原因のこともがあります。まだ、腸の機能が未成熟だったり、離乳食を食べることで母乳やミルクの量が減って水分量が不足していいる可能性もあります。また、離乳食の消化がよくて、便成分が少ないことも考えられます。
赤ちゃんのお腹のハリがなくて、機嫌よく食欲もあるようなら、食物繊維の多い素材や乳酸菌の多い食品を与えて、様子を見ればよいでしょう。その他、次のようなポイントに気をつけましょう。

◎生活のリズムの見直し
 母乳・ミルクや離乳食は、定期的に与えます。自律神経を整えるためにも、就寝時間を決めるようにします。
◎肛門を刺激
 ペビーオイルをつけた綿棒を肛門にそっと入れて、ゆっくり回して抜きます。
◎マッサージ
 おへそを中心にして、時計回りにお腹をマッサージします。腹ばいにするのも、お腹への刺激になります。
◎便秘薬、ジュース
 マルツエキスは乳児用の便秘薬です。オレンジジュース・プルーンジュースもおすすめです。

1週間以上便秘が続く場合、お腹にハリがあり、機嫌が悪い場合などは、病気も考えられますので、早めに受診するとよいでしょう。

4ヶ月の赤ちゃんの便秘の症状と改善策

4ヶ月くらいの赤ちゃんになると昼夜の区別もしっかりつくようになりますから、生活のリズムをつけるように気をつけましょう。

朝起きる時間、夜寝る時間、お風呂の時間やミルクの時間などを、だいたい同じ時間にすることで生活リズムができてきます。
しかし4ヶ月頃になると、赤ちゃんの首もしっかり座ることから長時間のお出かけをして生活のリズムがくるってしまうことがあります。これが便秘を引き起こす原因になることもあります。

大人の人でも旅行先で便秘になってしまう人がいますが、赤ちゃんにとっては長時間の外出はそれと同じことです。
何日もうんちがでなかったり、お腹がはっていたり、機嫌が悪いなどの症状が出てきたら、便秘のサインです。

赤ちゃんが便秘になってしまった場合は、お腹をマッサージしてあげたり、綿棒浣腸をおこなったりしてみると良いでしょう。

それでもうんちがでない場合は、5%程度の砂糖水をあげると良いでしょう。
砂糖水は浸透圧の働きにより腸内の水分を吸収しますから、うんちは柔らかくなり排泄しやすくなります。
離乳食の始まった赤ちゃんなら白湯で薄めたみかん果汁でもいいですが、この時期の子はまだ離乳食前ですから砂糖水までにとどめておきましょう。
砂糖水は美味しいものですから、たくさん欲しがったりもしますが、飲ませすぎは下痢の原因にもなりますから少量にしておきましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんに良く見られる便秘の症状

3ヶ月頃の赤ちゃんというと、首が座ってきて、可愛らしさにますます拍車がかかる頃です。
そんな時期に突然ウンチが何日も出なくなったという症状が出る赤ちゃんがよくいます。

これは生理的便秘といって、生後3ヶ月頃の赤ちゃんによく見られる症状です。
この頃の赤ちゃんは、長ければ1週間もウンチが出ないという子も見受けられます。

お母さんとしては、一刻も早く便秘を解消してあげたいと思う事でしょう。
そんなときは、簡単に出来るセルフケアで、赤ちゃんの便秘を解消してあげましょう。

まずは、お母さんが子供の足を持ってあげて、左右交互に上下に動かしてあげます。
3ヶ月の子は、ハイハイも寝返りも出来ないので、運動不足になりがちです。
お母さんが足を動かしてあげる事によって、腸に刺激がいき、便通を促す効果があるのでオススメです。

また、お風呂上りの白湯にオリゴ糖を混ぜてあげるのも有効です。
糖分はウンチをやわらかくしてくれるので、何日も溜まってカチカチになったウンチをスムーズに排便させてくれる効果が期待できます。

それでも出ないときは、オリーブオイルをたっぷり塗った綿棒を、お尻の穴に優しく差し入れてマッサージをしてあげましょう。
セルフケアで、便秘が解消されれば、お母さんも子供もすっきりご機嫌ですね。

2ヶ月の赤ちゃんの便秘症状と解消法

2ヶ月頃の赤ちゃんは、一日に数回うんちをする子もいれば、数日に一回しかうんちをしない子もいます。

この頃の赤ちゃんには個人差も出てきて、さらに、うんちをためておく機能ができ始めます。
一日に何度もうんちをしていた赤ちゃんが、何日もうんちをしないで便秘でいると心配になりますが、ご機嫌でミルクもしっかり飲めているようなら、あまり心配しなくても大丈夫です。

2ヶ月頃の赤ちゃんの便秘の原因は、母乳やミルクの不足が原因のことが多いようです。
機嫌が悪かったり、体重がなかなか増えないといった症状があるようなら母乳やミルク不足が考えられますから、授乳回数やミルクの量を増やすなどしてみましょう。

便秘を解消するには、お腹を「の」の字にマッサージをしてあげたり、手足を持って運動させてあげるのも効果的です。
マッサージは、お腹が少しへこむくらいに押しながらしてあげると効果的です。

その他にも綿棒浣腸もとても効果的です。
綿棒の頭の部分を肛門に入れ、クルクル回し刺激します。
効果のある子ななら、これですぐにウンチが出ます。
いきなりうんちをしてしまうこともありますから、汚さないように下に新聞紙を広げてから行うようにしましょう。

生まれて1ヶ月の赤ちゃんの便秘症状の解決方法

生まれて1ヶ月少し過ぎた新生児が便秘の症状で苦しんでいるのを見ている親の立場は、赤ちゃんと一緒に胸が痛みます。
赤ちゃんは力を入れて顔が真っ赤になりますが、便は出てこなくぐずっては泣き出し、だといって便秘薬を与えることもできず、原因と解決方法は何かといろいろと考えるようになります。

粉ミルクが赤ちゃんと合わなかったり、ミルクがあまり濃かったり、水分が不足したり、環境的な影響があるか、などと色々考えてみました。

そこでミルクがあまり濃かったのかと思い、1回分の量で半スプーン少なくして同じ水の量で飲ませて見ましがたが、効果がなく、次は、水分供給のためにベビー用麦茶を購入して赤ちゃんに飲ませてみました。
赤ちゃんが初めて触れる麦茶なので初めは飲みませんでした。
しかし、お腹がすいている時に麦茶をあげると、 2日目からは5ml、翌日は10ml飲むようになりましたが、麦茶の特徴のために飲んで咳をしてあまり飲もうとしません。

そこで考えたのがミルクをお湯40mlと日常の温度の麦茶80mlを混ぜてあげるようにしました。
するとよく飲んで異常もなく、直接お腹のマッサージもしてあげ5日ぶりに、力を入れないで便を見るようになりました。

最近は一日一回朝にすっきりと便を見るので、とても可愛いです。

3ヶ月からの赤ちゃんの便秘対策にプルーン

新生児から生後数ヶ月頃になると、個人差はありますが体調の変化やストレスなどによって便秘になってしまう赤ちゃんが出てきます。

お母さんは毎日赤ちゃんのおしめを替えているので、体調の変化には敏感に感じ取ることができることでしょう。
新生児はまだ排泄機能や消化機能が安定していないので、ちょっとした環境の変化によってストレスを感じてしまいます。
また、母乳で育てていたところから粉ミルクを併用しだすとすぐに便や便通に変化が見られるようになります。

生後数ヶ月ではまだ話すことができないので、お母さんは注意深く観察をして変化に気づいてあげることが大切です。
生後数ヶ月までの便秘では、マッサージをしたりしてお通じを良くしてあげてください。
生後3ヶ月になると、フルーツの果汁やベビーフードが食べられるようになるので、今までよりも多くの便秘対策を講じることが出来るようになります。

大人でもお通じが芳しくない時に絶大な効果を発揮するように、赤ちゃんの便秘にも効果があるのはプルーンです。
プルーンは食物繊維が豊富なので、お通じを良くする効果があります。
市販の液体プルーンを湯冷ましで薄めたものを赤ちゃんに飲ませてあげると通じが良くなります。