Category Archives: 赤ちゃんの便秘の症状


赤ちゃんでもなる痙攣性便秘

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルク等を飲みます。
母乳にはオリゴ糖成分が含まれているので、母乳を飲んでいれば腸内環境が保たれ便秘にはなりにくいです。

離乳食が始まると、水分摂取も少なくなり母乳を飲む回数も減りますので、うんちも固くなります。
また、赤ちゃんは筋肉等が未発達なので、上手にいきむことができず便秘になってしまいがちです。

大人に比べて赤ちゃんはデリケートなので、生活環境の変化でも大きく影響を受けてしまいます。
赤ちゃんはまだ言葉で伝えることができないので、普段と違う様子や症状に親が気づいてあげることが大切です。
食欲がなく機嫌が悪かったり、肛門が切れていたり、他にもお腹の張りが酷いと吐いてしまうこともあります。

赤ちゃんも毎日の生活でのストレスや感情が高まると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
そうすると、下行結腸に痙攣が起きてその部分が狭くなると、便の正常な移動が妨げられるので、痙攣性便秘になってしまいます。

予防するには、規則正しい生活や食生活を普段から心掛けることが大切です。
便秘で苦しんでいる場合は、なかなか気づきにくい場合もあるので、日頃からうんちの周期や状態を把握しておく必要があります。

便秘時の赤ちゃんはおならが臭い

便秘が続いている赤ちゃんのおならは、大人顔負けの臭いがする場合があります。
母乳やミルクしか飲んでいないのに、どうしてあんなに臭いがするのか不思議ですよね。

生まれたばかりの頃の赤ちゃんは、腸の中に善玉菌が沢山いるので、腸内環境が整っていておならをしても全然臭いがしません。
それが便秘によって腸内環境が乱れ、悪玉菌が増殖するとおならの臭いが気になりだします。
それは、お腹に溜まったウンチから発生する腐敗ガスのせいです。

ガスが溜まると、お腹が張って苦しくなり、赤ちゃんの機嫌も悪くなるので要注意です。
そんなときは、便秘を解消する為に、お母さんが優しくケアをしてあげましょう。

対策として簡単なのは、砂糖を白湯に混ぜてあげた物や、果物の汁を飲ませてあげることです。
砂糖は特に、お腹の善玉菌を増やしてくれる「オリゴ糖」が含まれているてんさい糖がオススメです。
果物の場合は、食物繊維が豊富なみかんやりんごの汁がいいでしょう。

なるべく母乳やミルクの妨げにならない時間帯を狙って赤ちゃんに与えてあげましょう。
また、おへその周りを優しく「の」の文字を書くようにマッサージしてあげるのも、腸に刺激を与えるので、効果的です。

便秘が気になる場合は、以上のケアをしてあげましょう。

赤ちゃんの便秘と発熱の関係性

赤ちゃんが風邪を引き熱が出ると、親はとても心配します。
しかも便秘を併発すると、ただでさえ熱によって調子の悪い赤ちゃんはお腹も痛く大変にぐずり、看病をする親も大変です。

発熱の際に病院を受診し、抗生物質などを処方されそれを飲ませた場合に便秘をしたりお腹の調子が悪くなることはよくあります。
なぜなら抗生物質を服用したことにより、腸内環境に影響するのが理由です。
抗生物質は細菌を殺す働きをしますので、同時に腸内細菌も殺してしまいます。
これにより腸内環境は悪化し大体が軟便などになりますが、軟便の後便秘悩まされることがあります。

また発熱が原因で体の水分が奪われ、脱水症状を起こす事は赤ちゃんではよくあります。
大人と違い体の水分量が多いので、脱水症状は非常に危険です。それだけでなく水分が奪われることで便も硬くなります。とにかく水分補給が大切になりますが、思うように飲んでくれない場合もあります。

赤ちゃんの舌をチェックして、白く乾いているようであれば脱水症状を起こしているので、病院を受診し点滴などの処置を行ってもらうと脱水症状から回復します。
以上のような理由により、発熱と便秘は関係があると言えますので、発熱の際には注意してください。

赤ちゃんの便秘とげっぷの関係

赤ちゃんのうんちがあまり出ないと気になりますね。
それでも元気で機嫌よさそうにしているなら、その子のタイミングの問題かもしれませんから、心配しすぎず待ってみましょう。
お腹を触ってみて、張っているようなときは、マッサージなどを試してみましょう。腸が刺激され、動きが活発になると排便しやすくなります。便秘がちな赤ちゃんは、マッサージを日課にして、楽しみながらしてみてもよいですね。

汗をかく時期なら、もしかすると水分が足りなくなっているのかもしれません。湯冷ましなどを飲ませて様子を見てみましょう。

また、げっぷの出しにくい赤ちゃんはおなかにガスがたまりやすくなり、便秘になることもあるようですから、ミルクなどを飲んだ後にいつもよりげっぷに気を使ってみましょう。
げっぷの仕方にもコツがありますから、まだ赤ちゃんもお父さんお母さんも慣れていないのかもしれません。
子育てに慣れている人に相談してみると、げっぷさせやすくなるかもしれません。

ガスがたまらなくなると、おなかの張りも少し楽になるでしょう。おならでもガスが出れば楽になるはずなので、マッサージなどをして腸の動きを促してみましょう。

赤ちゃんが苦しそうでなければ、あまり心配しすぎないほうがよいです。もしとても苦しそうなら、病気が隠れている可能性もあるので、病院などで相談をしてみましょう。

便秘を原因とする赤ちゃんのじんましん

赤ちゃんには様々な健康のお悩みが起きてしまうものです。その中でもお肌のお悩みと言うのは比較的多く、赤ちゃんを持つ親御さんの悩みの種にもなっています。

お通じと言う面でも赤ちゃんは便秘になることが多く、大抵は2、3日お通じがなくても元気であれば問題はないのですが、場合によってはじんましんなどの症状が出てしまうこともあります。

元々お腹の環境とお肌というものは密接な関係があり、腸内環境が悪くなってしまうとお肌のトラブルを起こすことは大人でもよくあることです。
赤ちゃんにじんましんが出てしまった時には、あせらずにお通じがちゃんと定期的に来ているかチェックしてみましょう。

もしも便秘気味なようであれば、お尻の穴をマッサージしてあげるなどしてお通じを促してあげてみましょう。
お通じが戻ったならば様子を見て、それでじんましんが引くようならばそれで問題はありません。
もしもまだ症状が引かないようなのであれば、その時はお医者さんに診てもらう必要があります。

赤ちゃんのお肌はデリケートですが、お通じのチェックをしておくことで管理することもできます。じんましんなどの症状がみられたならば、まずはお通じをよくする努力をしてみましょう。

赤ちゃんの便秘が理由で出血

赤ちゃんに便秘など無縁だと考えている方も多いと思いますが、赤ちゃんも便秘になります。

母乳は消化がいいので、完全母乳で育てられている赤ちゃんの便は、通常柔らかめですが離乳食がはじまり便が硬くなっていくにしたがい、便秘になることがあります。

便秘になってしまった場合、赤ちゃんは一生懸命いきみお腹もお尻も痛いので泣いてしまうことが多く、頑張って便を出した結果おむつに血が付くこともあります。
そうなってしまった場合、おしりふきでお尻をふく際もやはり肛門が痛いので、いつも通りに拭くよりもガーゼなどをぬるま湯で濡らし、優しく拭いてあげてください。
その後ワセリンやベビーオイルなどを肛門に塗ってあげると、滑りが良くなり次の排便の際の痛みが改善されます。

便を軟らかくする対策として離乳食の段階で、繊維の多いものを食べさせるのはなかなか大変です。
なるべく水分を多く取らせ、便を軟らかくするのがよいでしょう。
便が硬くなり始めの頃には、何度か出血があるかもしれません。
しかし少しずつですが肛門が柔らかくなり、出血はしなくなりますので安心してください。
出血をした際には、肛門をきれいにしワセリンやベビーオイルなどでケアすることを心がけて下さい。

ウンチが出ない赤ちゃん:便秘なのか腸閉塞なのか

赤ちゃんのウンチが何日も出ないとき、考えられるのは便秘か腸閉塞のどちらかです。
この2つの症状は大変似ていて、どちらも便が出にくいという特徴があります。
しかし、便秘と腸閉塞にはしっかりとした違いがあるので、赤ちゃんの様子を見て適切な処置をしてあげる事が大切です。

まず、腸閉塞というのは、その名の通り腸が閉塞しているという事です。
腸の一部が何らかの以上で閉じてしまい、その中にあるウンチなどが動けなくなってしまうため、ウンチが出なくなってしまいます。

一方の便秘は、腸に異常は無いけれど、腸の水分が少ない場合や、ウンチが固くて腸の中でなかなか動けない時などに、ウンチが出なくなってしまいます。

どちらの場合でも、ウンチが溜まるとガスでお腹が張ってくるので、赤ちゃんの機嫌は悪くなり、泣きじゃくる子もいます。
しかし、腸閉塞の場合は、痛みと一緒に吐き気も起こり、実際に吐いてしまう赤ちゃんもいます。
また、痛みが胸部の辺りまであるようでしたら腸が閉じてしまっている場合があるので、急いで病院を受診しましょう。
容態によっては外科手術も必要になるので、大変心配な病気の一つです。

お腹のマッサージをしても治るものではありませんので、いつもと赤ちゃんの様子が違うときは注意してみてあげましょう。

泣くのは赤ちゃんの便秘のサイン

赤ちゃんの夜泣きがあまりにもひどかったり、期限が悪い場合や食欲がない場合はもしかすると便秘が原因である可能性があります。
赤ちゃんはまだしゃべることができませんので便秘であることを伝えられないのです。その代り不愉快であることを泣くことによって親に伝えるのです。
このサインは絶対に逃さないようにしてください。

もしも赤ちゃんが尋常ではないくらいに激しく泣き、さらにしばらくの間うんちが出て以内のでしたら要注意です。
そしてそのまま放置していますとうんちに血がついてしまうこともあります。
固くなってしまったうんちが肛門を刺激してしまうからです。
それで出血してうんちに血がついてしまうのです。
こうなると切れた部分の完治もしなければいけませんので大変です。
便秘が疑われる場合、またこれがいつまでも解消しない場合には病院に連れていってください。
そうしますと薬を処方してもらえますのでこれで解消することができます。

便秘は体に悪影響を及ぼすものですので決してそのまま放置していていいものではありません。
それから新生児のいる家ではできるだけ赤ちゃんの泣き方などをチェックしてください。これが問題を早く解消する要因になるのです。

赤ちゃんが一週間以上便秘が続いてるときには

赤ちゃんは大体毎日排便をするものなのですが、実はすべての赤ちゃんが毎日排便するとは限らないのです。
その子供によって個体差がありますので、中には数日に一度くらいのペースですることもあります。
単にその子供ならではのペースが遅いだけでしたら、排便のときに苦痛の表情をすることもありませんししっかりとごはんも食べます。
ただし頻繁に排便をしていたのにも関わらずあるときから急に排便をしなくなった、そして一週間以上排便をしていない場合には病院に連れて行ってください。

これだけ便秘が続きますともしかすると病気などが原因で便秘になっている可能性もあるからです。
病院に連れていくことによって便秘を解消するための処置をしてもらえます。
まず病院に行く前に自分でもできることがあるのですがそれらをすべてしたのにも関わらず出ない場合には速やかに連れて行ってください。
二日か三日くらいの便秘程度でしたらいちいち連れていくことはありません。

そして受診をした後には病院からのアドバイスを聞くようにしてください。赤ちゃんが排便をしないのには何か理由があるのです。食事や生活スタイルなどに問題がある場合もありますので生活を改善することも大事になります。