Category Archives: 赤ちゃんの便秘の対策


気をつけたい赤ちゃんの便秘の注意点

まだ話すことのできない生まれてから数ヶ月までの赤ちゃんの健康状態を図るためのバロメーターとなるのが、赤ちゃんのウンチです。

ウンチの回数や状態を見て、健康かどうかがすぐに判断できます。

ただ、生まれてから1ヶ月から2ヶ月頃になると便秘の症状が出てきてしまうことがあるので、お母さんは赤ちゃんの健康状態をウンチとウンチの回数を確認することによって注意深く見て上げる必要があります。
注意点としては、便秘になりやすい時期というのは母乳だけからミルクの併用を開始した時に便秘になる傾向があります。
考えられることは、先に述べた母乳と粉ミルクの併用を始めたことによる消化器官への影響と、運動不足があります。

大人と違って消化器官の消化機能が安定していないので、母乳からミルクへの変化を敏感に感じ取ってしまいます。

ウンチの様子がおかしい場合には、お尻の穴の周りをスキンケア専用のオリーブオイルでマッサージしてあげることでお通じがスムーズに行くことができます。
おむつを変える時に赤ちゃんのお腹をのの字をかくようにマッサージしてあげるとお通じが改善します。

どうしても便秘が治らない場合には、小児科で赤ちゃん用の浣腸をしてもらってください。

赤ちゃんの切れ痔の原因である便秘の改善方法とは

便秘は大人だけの悩みではなく、赤ちゃんでもなる事があります。
便秘が続いてしまうと、便が固くなってしまい排便できた時に、肛門が切れてしまい出血し、切れ痔になってしまう事があります。
切れ痔は、一度なると直ぐには治らないのです。

完治するには、まず便秘を改善する必要があります。
改善方法として、便を軟らかくするのが有効です。
水分をこまめに与えるのも良いですし、離乳食が始まっている場合は、バナナやさつまいも、プルーンなどの食物繊維を積極的に摂取するのが良いです。
あまりに酷い場合は、小児科を受診し、軟骨を処方してもらう方が安心です。

切れ痔になっている時は、排便の後おしり拭きでふく事は避け、ぬるめのお湯で優しく洗い流してあげると刺激が少なく、治りが早くなります。
水分も軽くポンポンと抑える程度にします。

便を固くしない為には、運動も大切です。
ハイハイができる赤ちゃんならば、ハイハイを促してあげる事で運動になりますし、まだできない赤ちゃんなら、足を持って寝かせたままの屈伸運動が良いです。

離乳食を始めたばかりの場合は、水分が足りていない場合があり、そこから便秘になる事もあります。
引越しなどの環境の変化も、敏感に感じとることがあります。
赤ちゃんにとって、排便しやすい環境を作ってあげる事が切れ痔の防止になるのです。

赤ちゃんの便秘に坐薬の効果

赤ちゃんの体にはいろいろと健康上にトラブルが発生してしまうものです。
特にお通じに関してはそのトラブルも多く、下痢を繰り返してしまったり、逆に便秘になってしまったり、様々です。

特に便秘の症状と言うものはかなりの赤ちゃんに起こる症状です。
元々固形物を食べられずに母乳やミルクがメインの食生活と言うこともあり、便が出にくい環境になっているために便秘になりやすいのです。

そんな時には坐薬のしようと言う選択肢もありますが、赤ちゃんにあまり強い薬を使うことはできれば避けたいものです。
最初はお尻の周りのマッサージなどでお通じを促すことを試してみて、それでもだめなようであれば、最後の手段として坐薬の使用という選択をする、というような方針を取ることがベストであると言えます。

あまり坐薬を頻繁に使用してしまうことは、体に薬への耐性がついてしまって効果が薄れてしまうこともあります。

いざと言う時に薬の効き目を期待するためにも、坐薬の使用は最小限にとどめなければいけません。

赤ちゃんに便秘はつきものです。元気であれば、なるべく薬を使わない対処で済まして、なるべく薬に頼ることなく、自然とお通じを促すことが最善策であると言えます。

赤ちゃんの便秘に:イチジク浣腸の使用法

小さい赤ちゃんが便秘で苦しんでいる時、何かしてあげられることはないかと、お母さんは心配になります。
よく言われる、お白湯や果汁を飲ます方法、またオリーブオイルなどをつけた綿棒でお尻をマッサージしてあげる方法などがありますが、
それでも出てこない頑固な便秘には、イチジク浣腸を使うのが有効です。

イチジク浣腸の使用方法は、とっても簡単です。
薬局などで購入してきたイチジク浣腸を、お湯の入った容器に入れて人肌に温めておきます。
その後、お湯から取り出して、イチジク浣腸の先に、オリーブオイルなどを塗り、滑りをよくします。
横にならせた赤ちゃんのお尻に容器のノズルが隠れる程度まで優しく指し込み、決められた用量を注入します。
その際、床が汚れないようにタオルやビニールシートを敷くと安心です。

赤ちゃんがウンチをしたがる仕草をしたら、紙おむつやおまるに排便をさせましょう。

このように簡単な使用法ですが、注意したいのは赤ちゃんの月齢です。
安全性確保の為、3ヶ月未満のこの場合は、かかりつけの病院を受診して、医師の診断を受けてから使いましょう。
また、3ヶ月以上1歳未満の赤ちゃんの場合も、医師や薬剤師に相談をしてから使うのが安心です。

赤ちゃんの便秘の原因は生活習慣を見直す事で改善

子供を持つお母さんの悩みの1つが赤ちゃんの便秘です。

赤ちゃんが便秘になるとは、意外な気がしますが赤ちゃんで便秘になる子は多いです。
赤ちゃんの便が出ない原因は、主に食事や精神的なものやまた病的なもだといわれています。

食事内容だけ見た場合に、もし母乳やミルクが不足しているようなら、離乳食で不足している栄養分を補うようにしてあげなければ栄養のバランスが崩れ便秘の一因となってしまいます。
その他にも、子供は精神的なストレスとは無縁な気がしますが、便をする時になかなか便が出ずに固い便が出て肛門に亀裂が入ってしまう事になします。その排便の痛みを繰り返しているといくら小さな子でも排便がストレスになりかえって便が出ないのが悪化してしまいます。
赤ちゃんにこのような便の出ない苦痛を与えない為には、日頃からきちんとした生活習慣を送らせる必要があります。

子供は、朝決まった時間に毎朝起こして、生活のリズムを作ってあげます。食事面でもバランスの取った食事を送り、天気のいい日には子供をベビーカーに乗せて散歩に連れて行ってあげるのも予防の効果があります。
運動の後は、決まった時間に眠らせてあげる事です。規則正しい生活こそ可愛い我が子の体調を整えてくれます。

赤ちゃんの便秘の時に使う便秘薬とは

赤ちゃんには基本的に大人用の便秘薬を与えることができません。
大人用は赤ちゃんにはきついですので下痢をしてしまう可能性があります。
この場合には小児科を受診して便秘薬を処方してもらうようにしてください。赤ちゃんにいいものですので安心して使えます。

基本的にはどれも下剤なのですが、腹痛を起こして排便をするタイプではないために乳幼児でも安心して飲めるのです。利用するときには必ず使用量の注意を見て与えてください。多く与えすぎますと効き目が大きすぎて逆に負担がかかります。

もしも受診しない場合には市販されているものを使って便秘を解消します。
例えば赤ちゃん用の浣腸などもあります。これは赤ちゃんのために作られてるものですのでソフトな効き目になるのです。お腹の中にたまっている便をやわらかくして外に出してくれます。
そして他にも水あめのような薬もあります。
これは甘いので乳児でも抵抗なく飲めるのです。
体の中でガスを発生してくれますのでそれにより排便が促されるのです。

しかしこれらの薬に頼る前に水分不足を解消することも大事です。
水分不足になりますと便が固くなってしまうのです。ですので水分補給をしっかりとするようにしてください。

赤ちゃんが便秘したときには綿棒を使おう

赤ちゃんは大体毎日三回くらいは排便をします。
しかしたまに便秘になってしまい、排便しないこともあります。あまりにもそのままにしていますと健康上よくありません。
だからといって大人と同じ浣腸をするのも良くありません。これは赤ちゃんにとっては刺激が強いからです。
ですのでかわりに綿棒を使います。

綿棒のワタのついている部分にオリーブオイルやベビーオイルをつけるのです。
そして赤ちゃんの肛門の中に入れていきます。
大体三センチくらいは入れます。
結構強く入れるようにしてください。そうすることによって刺激になるのです。
入れた後には綿棒をくるくると回すようにしてください。
そうすればだんだんと赤ちゃんが排便をしたくなります。
なかなか反応しない子もいるのですが、根気よく続けるようにしてください。

赤ちゃんには綿棒くらいの刺激でもかなりの刺激になります。あまり奥に突っ込みすぎるとよくありませんが三センチくらいでしたら大丈夫です。
それからベビーオイルなどは綿のついていない部分にもつけるとスムーズにいきます。
オイルは食用のオイルなどでも代用できないこともありませんが、体への影響のことを考えるとベビーオイルのほうが安心です。

赤ちゃんの便秘の解消に効くマッサージ方法

赤ちゃんの体調には、常に気を配る必要があります。日頃から様子を見ておき、何か変化があった場合はすぐに対処できるように、あらかじめ知識を持っておくと安心できます。
赤ちゃんが便秘になっているときは、家でもできるマッサージで解消してあげると良いでしょう。

お腹をさすってあげる方法が手軽ですが、やり方にはちょっとしたコツがあります。時計回りにゆっくりと円を描くようにマッサージすることで、軽い刺激を与えられるため便秘が解消しやすくなります。
またお腹だけでなく、背中を上下にマッサージしてあげるのも効果的です。方向は、上側から下に向かって優しく撫でてあげましょう。

マッサージに加えて、適度に手足を動かしてあげるのも良い方法です。寝かせた状態で足の付け根からしっかり腿を動かしてあげたり、左右にゆっくり倒していきます。膝を少し持ち上げて軽く回すなど、簡単な運動の手助けをしていきましょう。

大人同様、腰や足まわりの関節を柔らかくしていくことは、赤ちゃんにとっても非常に大切なのです。

便秘の長さは、赤ちゃんによって個人差があります。普段のサイクルと異なって長期間便通が悪くなっているなら、病院で相談することも必要です。

赤ちゃんの便秘症状で暴れる場合の対処方法

生後1歳未満の赤ちゃんは、栄養を補う手段や環境が人生の中でもめまぐるしく変化しています。生まれてから生後5カ月頃までは100パーセント授乳から補いますし、離乳食が開始されると食事と授乳の両方になったりしていきます。この様に授乳量や食事接種量、食材の変化が便にも大きく関係していきます。

授乳の種類は母乳・粉ミルクの2種類あります。粉ミルクの場合、赤ちゃんの消化にかかる負担を考え1日に飲ます量と回数が定められている他、授乳間は最低2時間あける様に記載されています。そして便においても母乳より硬めになってしまう場合がありますので、便秘がちになったしまう場合には白湯などの水分も同時に接種されると良いでしょう。

便秘が続いてお腹が張ってしまっていたり、排便の際痛がって暴れるなどする場合には対処が必要となる事もあります。
大人でも便秘が続いてしまうと肛門が痛くなったり、切れたりしてしまいます。便秘が4日以上続いてしまう場合は、自宅で麺棒浣腸を試されると良いでしょう。麺棒の先をベビーオイルやオリーブオイルなどで潤し、赤ちゃんの肛門に1cmほど挿入して時計周りに優しく回して刺激します。反応が早いと溜まったウンチがすぐに出る子もいますので、オムツを敷いてやられる事をおすすめします。
月齢にもよりますが、みかんが食べられる様になっていればみかん汁をスプーンで飲ませてあげるのも効果があります。
それでも上手く排便が出来ないようであれば、かかりつけの小児科で相談されてみてはいかがでしょうか。必要であればお薬の処方もありますので安心です。

赤ちゃんの便秘解消を促す足つぼマッサージ

ミルクを飲んだり離乳食を食べるようになると腸内環境が整っていなかったり、腹筋などの筋力がまだ発達していなかったりなどの理由で赤ちゃんはどうしても便秘になりやすくなってしまいます。

通常、成長するに従って便秘はだんだんと解消されていくこと多いですが、それでも心配という方のためにはお腹や足などのマッサージなどが効果的です。
特に、足つぼマッサージは便秘解消を促してくれます。

しかし、足つぼと言っても赤ちゃんに行うマッサージです。そのため、あまり力をいれずにタッチする感覚で軽く押すことが大切です。

まずは赤ちゃんの足裏のかかとから指の付け根くらいまでを両手の親指のはらを使ってゆっくりと押して行きます。そして、赤ちゃんの成長に従って足裏に土踏まずなどが分かるようになったら、土踏まずを中心に足裏全体を押していきます。

足つぼマッサージを片足づつ交互に繰り返し行っていくことで便意解消を促します。
しかし、赤ちゃんに足つぼをしようと思っても、機嫌が悪かったり、くすぐったくて笑ってしまったり暴れてしまったりなどでなかなか思い通りにできないこともあります。
そんな時には、声をかけたり、歌を歌ったり、抱っこしたりなどの工夫が必要です。

Next page →