Category Archives: 赤ちゃんの便秘の原因


赤ちゃんが便秘になるメカニズムと腸の関係性

一言で表すと、赤ちゃんが便秘になるのは体質や食事バランスの乱れが原因です。
その中でも様々なケースがあります。

食事の量が毎回バラバラだったり少なすぎたり、ミルクや水分が少ない場合はうまく便を排出できなくなってしまう場合があります。おなかの中でモノを運動がうまく機能せず、便を運ぶことができないので肛門から排出できなくなってしまうのです。症状がではじめると水分が届きにくくなってしまい、さらに便が出にくくなってしまいます。これが主な便秘の原因です。

精神的負荷によるストレスが原因で腸の働きが阻害されてしまっていることも考えられます。便を排出しようとする腸の運動が妨げられてしまうのです。赤ちゃんの意思がうまく周りの大人に伝わってない時などにこのような症状が起きやすいです。

生まれつきの腸の長さも便秘の原因となっている可能性があります。長すぎると便が肛門にたどり着くまでに水分が失われてしまい排出されにくいのです。厳密には体格や性格なども影響してきます。
赤ちゃんの体はデリケートです。体つきもまだしっかりしておらず筋肉量も少ないため体内をコントロールする力も未熟です。便秘のメカニズムなど参考にして早く原因に気付いてあげることが重要です。

赤ちゃんの便秘は腸内のおならも関係しています

赤ちゃんにも便秘があることをご存知でしょうか。
まだ離乳食を始めていない時期から、順調に便が出てこないことはよくあることです。
赤ちゃんの便は通常は、成人の便と比べてやわらかいことが多いです。
新生児の便はほぼ水様便で、徐々に水分量が減っていきます。便秘になると、水分量はますます減ってしまい、肛門付近で固くなった便が蓋をして、邪魔になってしまっていることもあります。

通常、二日に一度は便が出なければなりません。
赤ちゃんにはまだ腹筋が付いていないので、自分で気張って出す、という事がなかなか難しいのです。なかなか出てこない場合は、綿棒を使って、浣腸した刺激で出してあげなければなりません。

便秘になると、おならも溜まりがちになります。
お腹を少しだけ圧迫してみて、少し硬いところや手ごたえから、便やガスが溜まっているのが確認できると思います。
あまりにお腹が張ってくると、不快感からきげんの悪くなる赤ちゃんもいます。
ぐずっていて、何をしても機嫌が直らない場合は便秘を疑ってみてもよいでしょう。
浣腸だけでなく、お腹のマッサージも有効です。おへその周りを、手のひらを使ってゆっくりと時計回りにマッサージしてあげます。

赤ちゃんの便秘と粉ミルクの関係

生後1か月を過ぎる頃から、赤ちゃんのミルクの量は大体安定してきて、母乳の方もやっと安心してくる頃です。
ただ、赤ちゃんによっては便秘が始まる次期でもあります。

便秘になるとお母さんは、必ず母乳不足ではないかと心配される方がいらっしゃいますが、赤ちゃんの体重が順調に増えていれば母乳不足ではありません。
ただ母乳の質にもよって、お母さんが食べているものに、油脂類や繊維質が不足している場合、稀に便秘を起こしやすくなります。

もしご自分のお食事に疑問があるようなら、助産院や母乳外来などを受診して相談してみることも良い方法です。

その上で赤ちゃんがまだ便秘を起こしている場合、正直、母乳にこだわる必要はありません。
一度粉ミルクを試してみてはいかがでしょうか?
粉ミルクには、腸内環境に必要な栄養素であるオリゴ糖も含まれています。
与えるときも、少し薄めに溶かしたものを用いると便が出やすくなります。

もちろん、母乳で育てることは。赤ちゃんに必要な栄養や免疫力を高めるうえで大変重要であることは確かです。
また、母乳育児による、精神の安定や、親子の絆も大変大切な事です。

しかし、あくまでもそれは健康に育児が出来る範囲でのことです。
決して粉ミルクが手抜きの育児ではないということは理解してください。
大切な育児の為にも粉ミルクは必要なときに適切に与えることは大変望ましいことです。

赤ちゃんの便秘の原因が腸重積である時

赤ちゃんの便秘の原因の一つに腸重積があります。
これは腸の一部が重なってしまう病気で、腸の中に腸が嵌り、食べ物が留まって便秘を起こします。重なった腸は放置しておくと締め付けられて出血します。締め付け時間が長くなると、血行障害により腸は壊死状態に陥るので、出来るだけ早く重なった腸を元通りにする必要があります。腸重積は2歳以下の赤ちゃんによく起こります。
原因は腸の中のリンパ節が腫れて腸に嵌り込むと言う説や、腸自体の痙攣が原因と言う説など様々ありますが、はっきりわかっていません。

症状は腹痛、血便、腹部のしこりです。嵌まり込んだ腸が締め付けられるため、激しい腹痛が起きます。口のきけない赤ちゃんは5~15分おきに激しく泣きます。食べ物が腸を通らなくなり、嘔吐する事もあります。浣腸をすると腸からの出血でトマトを潰した様な便が出る事があります。お腹を触ってしこりがあったら、腸重積を疑ってすぐに医師の診察を受けます。

泣く、ぐったりする、泣くを繰り返す時、抱いて病院へ走る途中の振動で腸の重なりがほどける場合もあります。発症して24時間以内なら、高圧浣腸を行います。1m位の高い位置に設置した造影剤を、肛門に入れたチューブを通じて腸に入れます。直腸よりも奥の腸内まで造影剤が入り、造影剤の力で嵌まり込んでいた腸が押し出され、元に戻ります。高圧浣腸で戻らない場合は、開腹手術をします。嵌った腸を外から押し出す形で戻します。腸が傷むまで症状が進んでいる時は、その部分を切除し、正常な腸を接合します。

赤ちゃんの便秘の原因の一つ腸の病気

赤ちゃんの便秘には生活習慣によるものと、先天性の病気の二種類があります。

多くは水分不足や運動不足などの生活習慣から引きおこるもので、一時的なものであれば飲む母乳や水分量を増やしたり、100%果汁を飲ませる他浣腸の使用、お腹マッサージなどの方法で改善することが出来ます。
それとは別に生後間もなくから長く便秘が続くものには先天せいの病気が疑われます。

代表的なものではヒルシュスプルング病が挙げられます。
これは先天性巨大結腸症とも呼ばれる腸の病気で直腸に通常存在する蠕動運動に必要な神経節細胞が存在しておらず、便は縮小されず細長い状態になり直腸を詰まらせます。
この状態が続くことにより直腸が肥大し排便が困難になります。
症状として見られるのは生後から約一週間排便がない、お腹が前に張り出す、嘔吐などがあります。

この病気の場合は神経節細胞の欠如している腸管を切り取り端をつなぎ合わせる手術治療が必要です。
生後間もなくの赤ちゃんは排泄物や身体のようすが安定していなく異常を見分けるのが困難でもあります。
しかしこのような腸の病気は栄養摂取や成長に大きく影響し、悪化すると栄養障害、体重増加不良などにつながります。そのため観察を怠らず早期発見することが重要です。

赤ちゃんの運動不足が便秘の原因になります

赤ちゃんは通常1日に2回~10回の排便があるといわれていて、一般的には便が3日~5日以上出ない時、または出ても固いうんちの時に便秘といいます。

ただ、毎日出た方が良いとされていますが、数日のあいだ便が出なかったとしても赤ちゃんがお腹がはって苦しがったり、お腹の痛みで激しく泣いたり、食欲が無くなるなどの症状が出ていなければ問題ないとされています。
赤ちゃんは体の内臓や筋肉が十分に発達していないため、少しうんちが固くなるだけでいきむことが出来ず便秘になりやすく、主に便秘になりやすい原因とされているのが運動不足で、まだ自分で這って動いたり歩くことが出来ないため腸の動きが活発にならないためです。

解消法としては、寝ている時に足を動かしてあげたり、ときどき軽くお腹をマッサージをしたりさすってあげるだけで十分効果が期待できます。また、寝返りやハイハイが出来るようになれば広い床でのびのび遊ばせてあげると良いでしょう。

ただしひどくなる場合は病院で診察を受ける必要があり、赤ちゃんを便秘で病院に連れていく目安としては、顔色が悪い、何も受けつけずあやしても激しく泣くなどする時は痛みがあるのですぐに病院にいたほうが良いでしょう。

赤ちゃんの便秘と母乳の関係

赤ちゃんが誕生することは両親にとってとても嬉しいこととなりますが、健やかに成長させてあげるためにも日頃から健康管理はしっかり行っておきたいものです。

赤ちゃんの気になる体の症状のひとつとして便秘があげられます。

新生児が便秘になってしまう原因は、まずはお腹に入る栄養が原因になっていることがあげられます。

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳で育てることが多いですが、母乳は消化がよく、便の回数も多くなる傾向にあります。

母乳がしっかり足りている場合は良いですが、やはり個人差はあり、あまりお乳が出ないという場合もあるものです。
こうした場合は粉ミルクで足す場合もありますし、粉ミルクをほとんど利用している場合もあります。

そして母乳に比べてミルクのほうが便秘しやすい傾向にありますので、それが原因している可能性もあります。

改善方法としてはお腹の働きを良くするためのマッサージを行ってあげるのも良いですし、軽い運動をさせてあげるのも良いでしょう。

そして寝ているときに部屋が明るすぎたり、音がうるさかったりすることも赤ちゃんにはストレスになり、それが便秘を悪化させていることもありますので、環境なども見直してあげると良いでしょう。

赤ちゃんの便秘の原因は主に食事から

赤ちゃんの便秘の原因は主に二つあり、一つは消化器官が未発達であることともう一つは食事です。
まず、生まれてから生後数ヶ月までの赤ちゃんは消化器官が未発達です。
そのために、生後数ヶ月までは液体のものしかクチにすることができません。

また、生後数ヶ月の間に赤ちゃんが口にできるものは限られており、母乳か粉ミルクになります。
母乳のほとんどが水分で出来ているので、母乳だけでもすくすくと育ちます。
消化器官が未発達であっても、母乳にはビフィズス菌が含まれているので、整腸作用によってお通じが順調に行くようになっているのです。
最近では粉ミルクも改良されて母乳に近い成分が含まれるようになりましたが、やはり赤ちゃんの健やかな成長に良いのが母乳です。
母乳と粉ミルクでは、便秘のなりにくさに明らかな違いが見られます。

生後3ヶ月頃になると母乳と粉ミルクを併用するお母さんがいます。
母乳から粉ミルクへの変化を赤ちゃんは敏感に感じ取り、途端に便秘になりやすくなってしまうことがあります。
離乳食を始める前まではできる限り母乳で育てて、それが無理な場合にはマッサージをしたり大層をして運動不足を解消することでお通じが良くなるので試してみるとよいでしょう。

赤ちゃんの便秘とアトピーの関係性

赤ちゃんの便秘でお悩みの人の中には、同時にアトピー性皮膚炎を患っている人が多い傾向があります。
アトピーの赤ちゃんは、ただでさえ皮膚が弱い状態なので、シャンプーやリンス、全身ボディーソープは慎重に選ぶことが必要です。

頭部は外部からの刺激、化学物質を吸収しやすいので、赤ちゃんの便秘改善がますます酷くなってしまうからです。

赤ちゃんの便秘を改善するには、頭皮の保湿が大切になります。
皮膚科や小児科では、ローションタイプやクリームタイプのステロイドを処方することが一般的です。
しかし、頭皮は顔や背中と違い、髪の毛があるので、患部に直接ステロイドなどの薬を塗ることは難しいです。
その為、できるだけ乾燥を防ぐことと、アトピーで皮膚が乾燥しているので水分補給も大切です。
母親も水分補給をしっかりし、母乳の他にお水やお茶を飲ませてあげるのもいいです。

また、ステロイドは赤ちゃんの便秘改善の原因の乾燥を緩和する効果はないので、注意が必要です。
頭皮の乾燥は、ボリボリと強く掻くとそれがよりかゆみを強くするので、できるだけ早く病院の皮膚科で受診することです。
症状が酷い場合はほとんど、シャンプーやリンスが原因であることが多いです。