Category Archives: 便秘の赤ちゃんへの食べ物飲み物


赤ちゃんでも安心、便秘にビオフェルミン

お腹の調子がすぐれない、そんな時は腸の調子を整えてくれる整腸剤が良いでしょう。

ビオフェルミンはコマーシャルでもお馴染み。長い間たくさんの方々に愛用されています。
人間の腸と相性が良いヒト由来の乳酸菌が配合されておりその菌がお腹に定着しやすいと言われています。よって効果が期待できるのです。

何日も便が出ない、お腹が張って辛い、と便秘に困り、下剤を使ったらとてもお腹が痛くなり辛かった、というケースをよく耳にします。
ビオフェルミンは穏やかに腸のリズムを整えてくれるのでこのようなことはあまりありません。お腹を下しやすい、便秘になりやすいなど普段からお腹の調子が気になる方は日ごろから整腸を心掛けてビオフェルミンを飲むのが良いと考えられます。

しかし、気になるのは副作用などの心配でしょう。
その点赤ちゃん(3か月以上、細粒の場合)でも服用ができますので安心です。赤ちゃんの便秘は親として見ていてつらいものです。

肛門をこよりでちょんちょんとつついて便意を促してみたり、お腹を優しくマッサージしてみたりとあれこれ試してみたり・・。ビオフェルミンをお家に常備しておくと赤ちゃんのみならず大人も服用できますので安心と言えます。

あまり改善がみられないようであればやはり病院にいくのが良いのですが常備薬としてお家に置いておくのが良いでしょう。

赤ちゃんが便秘の場合の離乳食について

離乳食期の赤ちゃんが便秘してしまうこともあります。
この場合には便秘を解消する離乳食を与えるようにしてださい。
まずおすすめなのはヨーグルトです。ヨーグルトは大人でも便秘の解消のために利用します。腸の中の環境を整えることによっては便を促すというものです。

そして他にも牛乳なども赤ちゃんの便秘の解消のために使えます。
ただ牛乳を与えるときには一つきをつけなければいけないことがあります。それは生で与えないことです。
必ず料理に使う用途であたえなければいけません。例えばパン粥などがあますがそのときに使う材料として牛乳を使うのがおすすめです。
料理の材料にすれば温めてから摂取しますし乳糖でおなかをこわすことがありません。

まだ赤ちゃんの時期に牛乳を与えますと排便を促すどころか下痢をしてしまいますので気をつけてください。
そして他にもオートミールなどもおすすめです。これはかなり食物繊維が豊富ですので解消に役立てられます。
先ほどの牛乳と一緒に使うことによってさらに解消しやすくなります。
そばなども実は解消に役立つのですが、アレルギーなどがある可能性がありますので与えたい場合には医師にまず相談をするようにしてください。

赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖が効果的です

赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖が効果的です。

オリゴ糖は、大腸でビフィズス菌のエサになります。
ビフィズス菌が活発になることで大腸の働きを高めてくれるのです。

天然成分ですから月齢の小さな赤ちゃんに与えるのにも安心です。
薬ではないのでママには安心です。

赤ちゃんの便秘解消にはオリゴ糖を与え、腸内環境を整えてあげましょう。

毎日定期的に与えれば便秘予防にも効果的です。

月齢の小さな赤ちゃんにオリゴ糖を与えるには、白湯や麦茶、ミルクなどに少量混ぜ、薄めてあげると良いでしょう。
離乳食が始まった子なら、おかゆやヨーグルト、スープに混ぜてあげると良いでしょう。
また、味が変わると嫌がって口にしない子には、シロップタイプのものを少量お口の中に塗ってあげるのがオススメです。

また、なかなか便秘解消には至らない赤ちゃんには、お腹のマッサージを併用してあげましょう。
マッサージは、お腹が少しへこむくらいに押しながらしてあげると効果的です。
「の」の字を描くようにマッサージしてあげるのがコツです。
また、手足を動かしてあげて運動させてあげるのも効果的です。

腸を刺激し、排便しやすくします。機嫌良くミルクや離乳食も変わらず取れているようなら、あまり神経質になる必要はありません。

赤ちゃんの便秘に大事なのは水分補給

赤ちゃんが便秘する要因は色々ですが、その中でも多いのが水分不足なのです。
ときに離乳食がはじまった時期には多いことなのです。

母乳は多くの水分でできているのですが、離乳食では母乳と同じくらいの水分は含まれていません。ですので不足してる水分を補給させなければいけないのです。
とはいっても水をそのまま赤ちゃんに与えればいいというものではありません。
水分補給するときには砂糖水を与えるようにしてください。
砂糖水の濃度ですが、大体5パーセントくらいの濃度にしてください。
これを赤ちゃんに与えるのです。この砂糖を入れることによって栄養を補給することができます。
便秘を解消するための砂糖水を作るためのベビー用品も販売されていますのでそれを使ってみてください。

そして大事なのはその量です。あまり多く与えてはいけません。大体20ccくらい与えるようにしてください。多く与えてしまいますと今度は下痢になってしまいます。また砂糖の濃度を高くするのも良くありません。
濃度を高くしてしまいますとこれもまた下痢の要因になるからです。
カチカチになった便もこれでやわらかくなり、赤ちゃんも以前に比べて排便しやすくなります。
根気よく続けてください。

3ヶ月からの赤ちゃんの便秘対策にプルーン

新生児から生後数ヶ月頃になると、個人差はありますが体調の変化やストレスなどによって便秘になってしまう赤ちゃんが出てきます。

お母さんは毎日赤ちゃんのおしめを替えているので、体調の変化には敏感に感じ取ることができることでしょう。
新生児はまだ排泄機能や消化機能が安定していないので、ちょっとした環境の変化によってストレスを感じてしまいます。
また、母乳で育てていたところから粉ミルクを併用しだすとすぐに便や便通に変化が見られるようになります。

生後数ヶ月ではまだ話すことができないので、お母さんは注意深く観察をして変化に気づいてあげることが大切です。
生後数ヶ月までの便秘では、マッサージをしたりしてお通じを良くしてあげてください。
生後3ヶ月になると、フルーツの果汁やベビーフードが食べられるようになるので、今までよりも多くの便秘対策を講じることが出来るようになります。

大人でもお通じが芳しくない時に絶大な効果を発揮するように、赤ちゃんの便秘にも効果があるのはプルーンです。
プルーンは食物繊維が豊富なので、お通じを良くする効果があります。
市販の液体プルーンを湯冷ましで薄めたものを赤ちゃんに飲ませてあげると通じが良くなります。

赤ちゃんの便秘対策にはみかんが効果的です

赤ちゃんの便秘対策には、みかんやオレンジなどの柑橘系の果汁を与えるのが効果的です。

みかんに含まれる加糖にはうんちを柔らかくする作用があります。
みかんは水分を引き寄せる力である「浸透圧」が高いことで知られています。
浸透圧の高い食べ物は、胃から早く出て、腸の壁の水分を壁の中に引っ張ってきます。
この水分の移動が刺激となり、腸の動きを活発にすることで排便を促します。

みかんの果汁は赤ちゃんにとってはとても美味しい味で喜んで飲んでくれますが、与え過ぎは禁物です。
便秘対策にと与え過ぎては、かえって下痢になってしまうこともありますから注意しましょう。

では、どのくらいの果汁を与えたら良いのでしょう。

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんなら、果汁のまま与えては味が濃すぎます。白湯で2、3倍に薄めて、1日1回30ml程度を与えると良いでしょう。

赤ちゃんの便秘対策になる果物は他にもあります。ぶどう、プルーン、りんご、オレンジ、グレープフルーツなどです。
赤ちゃんの好みに合わせて、与え過ぎにならないように気をつけてあげましょう。
また、果汁ではあまり効果のない子も中にはいます。そんな子には、お腹をマッサージしてあげたり、ママが手足を持って運動させてあげると良いでしょう。

果汁で手軽に赤ちゃんの便秘対策

赤ちゃんが便秘になった場合、もし離乳食が始まっているなら果汁を飲ませるのが一番手軽な対策法です。
その中でも最も効果のあるものは、みかんやオレンジなどの柑橘系のものです。
柑橘系に含まれている果糖は、他の果実の果糖よりも便を軟らかくする効果が大きいからです。
しかし柑橘系に限らず、果汁に含まれる糖には腸内の善玉菌を活性化させる働きがあります。
そのため、柑橘系がなくとも他のもので代用しても問題はありません。

また食物繊維を含む果実も便秘には効果的です。
水溶性の食物繊維は実をそのまま食べずとも、果汁として摂取してもその効果が失われることはありません。
食物繊維を多く含む果実としては、柿、プルーン、キウイフルーツ、桃などがあります。

また果汁には浸透圧が高いという特徴があります。
浸透圧が高い物を口にすると、他の食物よりも早く胃から出て、腸管の通過時間を早めます。
そして腸管に入ると腸壁にある水分を腸管の中へひっぱってくるという働きをします。
この水分の移動が刺激となり、腸は動きが活発化します。
結果、排便を促してくれるようになります。

ただし摂取しすぎると逆に下痢を起こしてしまう場合もあります。
離乳食を始めたばかりの赤ちゃんの場合なら、白湯で2~3倍に薄めたものを、1日1回30mlまでを守って与えましょう。

赤ちゃんの便秘対策でオススメ:オリゴ糖

赤ちゃんがもし便秘場合、お腹をマッサージしてあげたり、綿棒でお尻マッサージをしたりと、色々な対策はありますが、なるべく赤ちゃんへの負担が軽いものが良いですよね。
そんなときは、オリゴ糖を使った方法がオススメです。

方法は簡単で、お白湯にオリゴ糖をほんの少し溶かしてあげて、砂糖水を作ります。
あとは授乳時間をなるべく避け、お風呂上りなどに赤ちゃんに飲ませてあげるだけです。

なぜ便秘に効果があるのかというと、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境をよくするからです。
また、糖分はウンチをやわらかくしてくれるので、溜まった固いウンチも、するっと排出してくれます。

オリゴ糖入りのお白湯をあげるメリットはそれだけではありません。
離乳食を始めていない、月齢の低い赤ちゃんは、消化機能が未発達で母乳やミルク以外のものは受け付けません。
ある程度月齢が高い子なら、みかんやりんごなどの果汁を与えても効果がありますが、月齢の低い子はお腹に優しいオリゴ糖が一番です。
赤ちゃんも甘くて美味しいので、嫌がらずに飲んでくれるから、お母さんも助かります。

便秘が続けば、お腹が張って痛がったり、機嫌が悪くなったりします。
そうなる前に、一度試してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの便秘対策にすりおろしりんご

離乳食が始まる頃の赤ちゃんは、まだ自分で便を出す力がありません。
通常は生理作用でウンチが出ますが、便秘になるととたんに便が出なくなってしまうのはこのためです。
便が出なくなる時期というのがあり、母乳だけから粉ミルクを併用する生後3ヶ月が弁が出にくく、便秘になってしまいがちです。

離乳食が始まる前なので、マッサージをしたり、お尻の穴の周りにオリーブオイルを塗って便通を良くするマッサージをすることで便秘対策を講じる必要があります。
それでもウンチが出ない場合には、病院へ行って浣腸をしてもらうとようやく改善します。

離乳食が始まると、更に様々な対策を講じて便通を良くすることができるので、その方法を紹介します。
離乳食が始まると、大人が便秘を解消するのと同じように、赤ちゃんも食物繊維を多く含む食べ物がお通じの改善に効果があります。
りんごは離乳食の定番ですが、果汁だけでも果糖と食物繊維の相乗効果で便通を良くする効果があります。
食物繊維の豊富な食べ物は、腸のぜん動運動を良くする効果があるので、ウンチが出にく時には離乳食に取り入れてみてください。

離乳食を食べる頃になるとハイハイをしたり、タッチをしたりできるので、運動をすることによって改善可能です。

赤ちゃんが便秘になった時の対策:白湯を飲ます

新生児の頃は毎日何度もウンチをして、快便だった赤ちゃんも、生後何ヶ月か経って母乳やミルクだけを飲んでいても便秘になる赤ちゃんがいます。
便秘にならない子は全くなりませんが、体質的なものなので、ウンチが何日も出ない場合は何らかの対策をしてあげないと、赤ちゃんが苦しがったり、泣きながらいきんだりという症状が現れてくる場合があります。

離乳食が始まっている場合は、ヨーグルトや果物などを与えてあげると便通がよくなりますが、離乳食前の場合はそうはいきません。
また、月齢の低い子でつかまり立ちやハイハイが出来ない子は、運動量が少ないので、腸への刺激が少なくウンチが溜まりやすい場合があります。
そんなときは、対策として温かい白湯を飲ましてあげることが大切です。

母乳やミルクに影響が出ないように、授乳時間を避けるほうが安心です。
お風呂上りなど、水分補給にもちょうどいいので少量から試してみましょう。

もし白湯が苦手で飲んでくれない場合は、ごく少量の砂糖やオリゴ糖を溶かしてあげれば、甘みがあって飲みやすいのでオススメです。
何も言えない赤ちゃんだからこそ、毎日一緒に過ごしているお母さんの気がつきが大切です。
もしウンチが2,3日出ていなくて、何も無くてもぐずっている場合は、便秘を疑って見ましょう。

Next page →