Category Archives: お医者さんに診てもらう時は


赤ちゃんの便秘の原因究明のためのレントゲンとは

赤ちゃんの便秘の大部分は、腸の動きが悪かったり、腸の水分の吸収が少ないなど、いわゆる特発性のものが多いです。
この場合あまり心配ありません。

離乳食が軌道に乗り始めるころになると、赤ちゃんは便秘になりがちです。
3日程度排便がなく、元気や食欲がない、おなかが張ってきている時には、まず水分を多めに与え、おなかを「の」の字にマッサージしてみましょう。
それでダメなら、綿棒にオリーブオイルを垂らし、肛門に約1センチほど入れてゆっくりと回し様子をみます。 
それでも便が出ないようなら、診療時間内に病院へ行き相談します。

赤ちゃんの便秘には、ごくまれに何らかの原因があっておきることがあります。
これらの診断のためには、医師がまず詳しい病歴の聞き取りを行います。
そして肛門の周囲をみたり、おなかを触ったり肛門から指を入れて直腸を触れて便の塊があるかなどを調べます。
必要に応じて、レントゲン検査で大腸の構造や大腸のガスや便の貯まっている状態、仙骨の形などをみます。
また、さらに必要であれば、腸の造影検査や、直腸肛門内圧検査などを行うこともあります。

赤ちゃんにレントゲンを行うとなると、放射線量などの観点から心配という声もあります。
確かに、レントゲンを必要以上にあびるのは良くありません。
しかし、レントゲンによる放射線は弱く、また撮影する部位や、子供、大人の区別でさらに線量を変えるので、数回で体に影響がでるということはまず考えにくいです。
1年に何十回も撮影しない限りはまず大丈夫です。
どうしても心配な場合は、医師に納得の行くまで質問しましょう。
放射線のリスクよりも、早期に病気を発見し、治療する安心の方が大きいものです。

赤ちゃんが便秘になったとき:病院に行く目安

赤ちゃんが便秘になった時、特に新米のお母さんはどれくらいの日数ウンチが出なかったら病院へ行けばいいか判断に悩みます。
そんな時は、便秘が始まってからの日数で判断するよりも、赤ちゃんの様子を目安に判断するといいでしょう。

赤ちゃんというのは、2,3日ウンチが出ない子もいれば、1週間1度もウンチが出なかったという子もいて、個人差があります。
長い間出なくても、機嫌が良くて、どこも痛がるそぶりがなければ、お母さんによる自宅ケアをしてあげればそのうち改善します。

問題なのは以下のように赤ちゃんの様子が普段と違っている場合です。
例えば、お腹が張って苦しそうにしていて、胸の辺りまで痛そうにしている場合や、痛さのあまり吐き戻してしまった場合です。
この場合は、腸が何らかの原因で詰まってしまいウンチが出ていない腸閉塞の疑いがあります。
症状によっては外科手術も必要になる病気なので、これらの症状が表れていたら、病院へ連れて行きましょう。

また、赤ちゃんのお尻の穴を見て、切れているときも病院へ連れて行く目安の一つです。
便秘中はウンチが硬くなりやすいので、排便時にいきんでお尻の穴が切れてしまうことがあります。
痛みを感じると、次の排便時にトラウマになってしまい、ウンチを出さなくなってしまう恐れがあるので、その時は病院で軟膏などを貰ってきて、患部に塗ってあげましょう。

これらの事から、判断を下す目安は、お母さんの気づきの力です。
普段からお子さんをよく見て、気持ちを読み取れるようにスキンシップを取りましょう。

赤ちゃんの便秘による受診時のアドバイス

赤ちゃんの便秘というのはよくあることです。
二日に一回は便が出ていないと、便秘だと考えられます。
ふつう、赤ちゃんの便は水分が多く、腹筋のついていない赤ちゃんでも少しの刺激で便がでるようになっています。
一日のうちに数回出ることも当たり前ですが、なかなか出ない場合に、どうするかというと、通常は、オイルをつけた綿棒を肛門に差し入れ、やさしくマッサージして刺激し、便を出してあげるとよいのですが、それでも出ない場合は病院を受診しなければなりません。

受診時のアドバイスとしては、できれば浣腸して出した便を受診時に持参するのがよいでしょう。
便の状態は、色、形状、におい、水分量など直接医師に確認してもらわなければならないこともあります。
便は、オムツに出たままで持参しましょう。

次に、いつからそのような状態になったのかを伝えられると良いでしょう。
赤ちゃんは話せないので、お母さんからの情報が手掛かりになることが多いです。
もしも離乳食が始まっているのでしたら、毎日の食事の内容、量や回数などもわかりやすく伝えられる様にしておきましょう。
母乳や、ミルクのみの場合は、一日授乳は何回なのか、どれくらいの量を飲んでいるのかを伝えましょう。

赤ちゃんの病院選び:便秘と予防接種

赤ちゃんは自分の症状を口にすることができませんし、
体が小さく、弱弱しいため、お母さんになりたての頃は些細なことでも病院に駆けつけたくなります。
これは決して間違っておらず、大人なら見逃すようなサインでも、気になる場合には一度受診するべきです。

例えば、赤ちゃんは水分が不足するとすぐに便秘になります。
これを放置しておくと、便が固まっていよいよ出にくくなりますし、おなかが張って食欲も落ちてきますので、病院で下剤を処方してもらうなどの早めの対処が必要です。

赤ちゃんは便秘になりやすいですが、体調を知る上でも毎日便を出すことは大切ですので、きちんと医師に相談しましょう。

小さいうちは色々な病気をもらいやすいですし、予防接種も頻繁にあります。
そのため、赤ちゃんのための病院を選ぶ時には、便秘のような些細に思えることでも真摯に話を聞いてくれ、予約がとりやすいところを選びましょう。
また、診察の時に他に気になる症状がある場合なども、気軽に教えてくれる先生をかかりつけ医に選んでおくと、重症化する前にサインを見つけることもできますし、お母さんも安心して育児ができます。長くお世話になる病院ですので、しっかり選びましょう。