赤ちゃんの便秘に坐薬の効果

赤ちゃんの体にはいろいろと健康上にトラブルが発生してしまうものです。
特にお通じに関してはそのトラブルも多く、下痢を繰り返してしまったり、逆に便秘になってしまったり、様々です。

特に便秘の症状と言うものはかなりの赤ちゃんに起こる症状です。
元々固形物を食べられずに母乳やミルクがメインの食生活と言うこともあり、便が出にくい環境になっているために便秘になりやすいのです。

そんな時には坐薬のしようと言う選択肢もありますが、赤ちゃんにあまり強い薬を使うことはできれば避けたいものです。
最初はお尻の周りのマッサージなどでお通じを促すことを試してみて、それでもだめなようであれば、最後の手段として坐薬の使用という選択をする、というような方針を取ることがベストであると言えます。

あまり坐薬を頻繁に使用してしまうことは、体に薬への耐性がついてしまって効果が薄れてしまうこともあります。

いざと言う時に薬の効き目を期待するためにも、坐薬の使用は最小限にとどめなければいけません。

赤ちゃんに便秘はつきものです。元気であれば、なるべく薬を使わない対処で済まして、なるべく薬に頼ることなく、自然とお通じを促すことが最善策であると言えます。

, 2013年11月11日. Category: 赤ちゃんの便秘の対策. Tagged: , , .
ネットのドクター

About ネットのドクター

こんにちは! 赤ちゃんの便秘、悩んでしまいますよね。 これまで「赤ちゃんは便秘にならない!」という考えが主流だったため、赤ちゃんの便秘に関する情報というのはとても少ないのが現状です。 そこで、ここでは赤ちゃんの便秘について、原因、症状から対策まで、幅広く解説していきます。 ぜひ参考にしてみてください!