赤ちゃんの便秘は腸内のおならも関係しています

赤ちゃんにも便秘があることをご存知でしょうか。
まだ離乳食を始めていない時期から、順調に便が出てこないことはよくあることです。
赤ちゃんの便は通常は、成人の便と比べてやわらかいことが多いです。
新生児の便はほぼ水様便で、徐々に水分量が減っていきます。便秘になると、水分量はますます減ってしまい、肛門付近で固くなった便が蓋をして、邪魔になってしまっていることもあります。

通常、二日に一度は便が出なければなりません。
赤ちゃんにはまだ腹筋が付いていないので、自分で気張って出す、という事がなかなか難しいのです。なかなか出てこない場合は、綿棒を使って、浣腸した刺激で出してあげなければなりません。

便秘になると、おならも溜まりがちになります。
お腹を少しだけ圧迫してみて、少し硬いところや手ごたえから、便やガスが溜まっているのが確認できると思います。
あまりにお腹が張ってくると、不快感からきげんの悪くなる赤ちゃんもいます。
ぐずっていて、何をしても機嫌が直らない場合は便秘を疑ってみてもよいでしょう。
浣腸だけでなく、お腹のマッサージも有効です。おへその周りを、手のひらを使ってゆっくりと時計回りにマッサージしてあげます。

, 2013年11月15日. Category: 赤ちゃんの便秘の原因. Tagged: , , .
ネットのドクター

About ネットのドクター

こんにちは! 赤ちゃんの便秘、悩んでしまいますよね。 これまで「赤ちゃんは便秘にならない!」という考えが主流だったため、赤ちゃんの便秘に関する情報というのはとても少ないのが現状です。 そこで、ここでは赤ちゃんの便秘について、原因、症状から対策まで、幅広く解説していきます。 ぜひ参考にしてみてください!