赤ちゃんの便秘対策に砂糖水を使う時の注意点

生後3ヶ月頃になると、母乳のみならず、粉ミルクを併用するお母さんが増えるので、赤ちゃんの繊細な体はその変化を性格に感じ取って便通が悪くなってしまうことがあります。
急なことでお母さんも戸惑うかもしれませんが、まだ離乳食が始まる前であってもいくつか対策を講じることができます。

綿棒でお尻の穴に刺激を与えて便意を促したり、おむつを変える時にお腹をのの字に優しくマッサージすることでお通じが良くなることがあります。

離乳食が始まる前と始まったあとでは赤ちゃんの便秘に講じることが出来る対策には大きな違いがありますが、離乳食が始まる前であっても効果を発揮することができます。
ただ1つだけ、注意したいことがあります。
赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖を飲ませてあげるという対処方法があります。
しかしながら、オリゴ糖は砂糖水の一種であるので、赤ちゃんに早い時期から奄美を覚えさせてしまうことでもたらされる弊害があります。

赤ちゃんは甘味をいち早く覚えさせてしまうと、母乳をきちんと飲まなくなります。
甘味というのは離乳食を開始した時にも一番最後に覚えさせると良いと言われるものなので、便秘対策には砂糖水ではなく、別の方法での対処が好ましいです。

, 2013年10月25日. Category: 便秘の赤ちゃんへの食べ物飲み物. Tagged: , , .
ネットのドクター

About ネットのドクター

こんにちは! 赤ちゃんの便秘、悩んでしまいますよね。 これまで「赤ちゃんは便秘にならない!」という考えが主流だったため、赤ちゃんの便秘に関する情報というのはとても少ないのが現状です。 そこで、ここでは赤ちゃんの便秘について、原因、症状から対策まで、幅広く解説していきます。 ぜひ参考にしてみてください!